Tuesday, January 14, 2014

Review of the Camera in iPad Airのカメラレビュー・実写作品

すべて手持ちで、HDRをオフのままで撮影したものです。
 寒さの中でずっと使っていたら、一回シャッターを切れなくなったことあります。アプリを落としても一度立ち上げると、再び使えるようになりました。
 マクロですが、被写体までおよそ3,4センチまで寄せられました。
 解像度は2592X1936の約5メガ画素です。はがきサイズなどの出力ならなんら問題ありません。
 画質ですが、小さいセンサでよくあることで、光十分当たるところでは、そこそこ満足のいくものを得られます。暗いところですと、やはりノイズが目立ちます。
 色表現は、個人的にあまり特徴的なものが内容に思います。
 コントラストは、目立っていいものでもありません。どちらかといえば、HDRのせいであろうか、少しもやっとしているものは多い気がします。
 1100枚と撮ったところで、バッテリは99%から46%になりました。つまり、フル充電ですと、約2300枚くらい撮れる計算です。
 はっきり言って、バシバシ撮れるのはいいが、シャッター音が大きいのと、大画面で、街中でスナップを取るには目立って、すごく恥ずかしいです。
 また、風の強いところでは、iPad Airがもろに風を受けて、全体がぶれてしまうこともあります。それは、大画面の欠点にもなります
 オートフォーカス(AF)はたまにさまよう時はありますが、ほとんど問題なく動作してくれています。また、ピントを合わせたいところをタップすると、タップしたところに焦点距離が合わせてくれます。
 場合によっては、タップしたところの明るさに応じて、露出も調整してくれます。但し、その後ちょっとでもiPadを動かしたりすると、露出はまたもとの全自動のままに戻ってしまいます。
 シャッター以外ほかの機能はないので、使い勝手について他に何も言えません。
 ただし、素のAndroidデバイスと比較すると、iPhotoにはかなり豊富な編集機能フォトムービーや、フォトブックの作成機能、あるいはフォト共有機能が最初から入っているのはうれしいです。
新宿駅のチケット販売機
新宿のパチンコ屋さんGreen Peas
新宿南口付近の落書き
洋服屋さん内のマネキン人形
新宿東口の薩摩八郎
新宿歌舞伎町一番街
新宿歌舞伎町一番街の入り口から見た西新宿
新宿アイランドのシンボルである「LOVE」
新宿にある東京都庁
都庁敷地内にある彫刻
都庁展望台から見た新宿の高層ビル
都庁展望台から見た西日本
招き猫のオブジェ「そらちゃん
吾妻橋近くにある新しアート作品
隅田川の西側から見た東京スカイツリー
吾妻橋
浅草寺雷門

雷門・金龍山
雷商店街
浅草寺宝蔵門
浅草寺本堂
お正月の奉納物・清酒大関
浅草寺本堂
伝法院通
浅草寺本堂の天井
浅草寺本堂
浅草寺五重塔
浅草商店街

浅草中央通り商店街・仲見世
浅草中央通り商店街・暖簾
浅草中央通り商店街の裏側
山形村山市奉賛会
台東区立浅草公会堂
(本写真は「浅草・上野観光するならココは外せない!おすすめの観光スポット37選
に採用されている)
伝法院通
浅草寺宝蔵門提灯の底
浅草寺本堂の前にある「常香炉」の底側にある龍(?)
約3,4センチまで寄せられた
蒸気の頭部を等倍切り出し
浅草の名物である人力車右下の方に泊まっている
走っている人は人力車の車夫
以下はHDRの効果を確認したテストです。
HDRオフで撮影したもの。中左方は白飛びしている
HDRオンで撮影したもの
上記の白飛びはほぼなくなりました。また、雲の詳細も割と忠実に再現されている